営業時間・定休日
営業時間

9:30~18:30

 
定休日

毎週火曜日(月の最終日および祝祭日が火曜の場合は営業致します。)

 
電話番号

03-3972-7051

 
 
住所

〒174-0073

東京都板橋区東山町2-13

リクルート

スタッフブログ

   
2018/02/28  ショールームダイアリー  店長 縄 良二
ジープ・ラングラーアンリミテッドサハラレザー 中古車入荷
縄 良二 / ナワ
[店長]
 

2017年モデルのラングラーアンリミテッドサハラレザー ブラック
入荷しました。

初年度登録 H29年2月 走行距離 1,600km 車検 H32年2月
車輌本体価格 478万円にて NOW ON SALE


IMG_0042IMG_0048
IMG_0039
IMG_0044

以下のカスタムがされています。

★前後US仕様のルビコンバンパータイプ
★ブッシュワーカーのオーバーフェンダー
★ルビコン仕様のパワードームフードボンネット
★トレールランナーのブラックホイールにBFG A/T 285/70x5本
★US
仕様ナンバー移設
★バッドフェイスグリル
★2インチアップ 

 
   
2018/02/22  おすすめ情報   広報担当
コンパスのエンジン
広報担当
 
ジープのエンジン解説も第3弾となりました。
今回は新しく登場したばかりのコンパスです。

レネゲードには2種類エンジンが設定されていましたが、コンパスは1種類のみの搭載となり、2駆でも4駆でも同じエンジンとなります。

搭載のエンジンは、2.4L直列4気筒マルチエアエンジン。電子制御の可変バルブリフト機能を備えたこの高効率エンジンは、最高出力175ps/6400回転、最大トルク23.4kg・m/3900回転を発生します。

気になる燃費ですが、2駆モデルのスポーツとロンジチュードが11.9km/L、4駆のリミテッドが9.6km/Lとなっています(JC08モード)。燃料はレギュラーで、アメリカ車=ハイオクのイメージがありますがレギュラーでOKなので、財布にもやさしい仕様となっています。

ちなみにリミテッドに搭載の4駆システム「ジープ・アクティブドライブ4×4システム」は、路面状況の良いところだと2駆(前輪駆動)で走行します。これによって街中では無駄な燃料消費を抑えることができ、燃費を向上させているのです。

 
   
2018/02/15  おすすめ情報   広報担当
レネゲードのエンジン
広報担当
 
広報担当です。前回はラングラーに搭載されているエンジンをご紹介しましたが、今回はレネゲードに搭載のエンジンを見ていくことにしましょう!

ラングラーに搭載のエンジンは1種類だけでしたが、レネゲードには2種類のエンジンが用意されています。1つ目が直4-1.4Lターボで、もう1つが直4-2.4Lエンジンです。

まず1つ目の直4-1.4Lターボですが、これは「直列4気筒 マルチエア 16バルブ インタークーラー付ターボ」エンジンです。スペックですが、最高出力は140ps/5000rpm、最大トルクは23.5kg・m/1750rpmとなっています。使用燃料はハイオクですが、JC08モードの燃費消費率はロンジチュードが15.5km/L、リミテッドが14.6km/Lとなっています。



そしてもう1つの直4-2.4Lエンジンですが、これは「直列4気筒 マルチエア 16バルブ」で、スペックは最高出力が175ps/6400rpm、最大トルクは23.5kg・m/3900rpmとなっています。使用燃料はレギュラーとなります。JC08モードの燃費消費率は10.4km/Lです。

さて、この2種類のエンジンですが、グレードによって搭載エンジンが決まっています。

ロンジチュードとリミテッドが直4-1.4Lターボで、トレイルホークが直4-.4Lエンジンとなっています。つまり、2駆モデルのようにキビキビと走るクルマには直4-1.4Lターボを、オフロードを走る4駆モデルにはパワーがある直4-2.4Lエンジンを搭載しているというわけです。ちなみに、コンパスは2駆/4駆であっても、直4-2.4Lエンジンを搭載しています。

このように、グレードによって搭載エンジンがレネゲード。貴方の使用目的にあったベストな一台を選んでくださいね!

 
   
2018/02/09  おすすめ情報   広報担当
ラングラーのエンジン
広報担当
 
「排気量や馬力はいくらぐらいあるの?」。
クルマ選びで気になることのひとつがエンジンです。
そこで今回は、ジープのアイコン的存在と言えるラングラーのエンジンを見ていくことにしましょう。


現行ラングラーの搭載エンジンは1種類のみ。
3.6LペンタスターV型6気筒DOHCのガソリンエンジンを搭載しています。

最高出力は209kW(284ps)/6350回転、最大トルクは347N・m(35.4kg・m)/4300回転で、2t以上あるボディの重たさを感じさせず、気持ち良い走りを見せてくれます。ぜひ、試乗してみてください。

そして、クルマを購入する時に必ずといって登場する話題が「燃費」。
カタログに載っている国土交通省審査値のJC08モード燃料消費率は、
2ドアが7.9km/L。4ドアのアンリミテッドが7.5km/Lとなっています。

燃料はハイオクではなくレギュラー。
アメ車=ハイオクのイメージがありますが、レギュラーでOK!
財布にやさしい仕様と言えますね。

この3.6LペンタスターV型6気筒DOHCエンジンは、ラングラーには2012年モデルから搭載されています。
それまではV6-3.8L OHVエンジンが搭載されていました。
最高出力は146kW(199ps)/5000回転、最大トルクは315N・m(32.1kg・m)/4000回転で、排気量はマイナス0.2Lとなっても、パワー/トルクは現行の3.6L-V6エンジンの方があります。
中古車購入時にはどちらのエンジンが搭載されているか、チェックしてみてくださいね。

 
2018年02月(4件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
ページ上部に戻る